【整体師監修】睡眠時の寝姿勢とそれぞれのメリット・デメリット

腰痛に良い寝方

 

腰痛対策と言うのは非常にたくさんありますが、やはり日常生活でいかに腰への負担を和らげて挙げられるかが重要になります

 

 

特に寝具環境や寝る時の状態と言うのは腰痛軽減に必須です
腰痛持ちの方は寝る時の姿勢によって痛みに大きく影響します

 

 

それぞれの寝方のメリットとデメリットをまとめてみましたので一度自分に合った寝る時の姿勢を見つけましょう

 

うつ伏せ寝

腰痛の人に取ってうつ伏せはデメリットの方が多いでしょう
特に反り腰の人はうつ伏せになるとずっと腰と背中を反っている状態になるので、うつ伏せの姿勢を取っただけで痛みが出る人もいるかもしれません

 

そして、うつ伏せで寝ると最も影響が出るのが首の骨(頸椎)です
うつ伏せだと首を必ず左右のどちらかに捻らなければ寝れませんね
頸椎をひねった状態で毎日の睡眠時間を過ごすと背骨全体が少しずつ左右のどちらかに捻じれているのが当たり前になって左右の差が出来てしまいます

 

これでは腰痛が発生しやすい状態を毎日作っていると言ってもいいくらいです
どうしてもうつ伏せで寝てしまう人はお腹の所に適度な厚さの枕を入れて背骨の反りが少なくなるようにしてみましょう 

あおむけ寝

仰向けで寝る時のメリットは左右が対称になっている事です
腰痛になっているという事は筋肉の緊張が身体のどこかにあり、それが腰に影響をあたえているか、腰そのものの筋肉が緊張して固くなっているかという事が考えられます

 

その時に自覚はあまりない人が多いですが、左右のバランスが崩れている人が多いです
という事は左右の大きく崩れたバランスを元の状態に戻すと、腰痛は楽になってくるという事ですね

 

寝る時の姿勢も左右が対称のあお向けは、多くの人には良い寝姿勢と言えるでしょう
しかし左右は対称でも、背骨が固いとあお向けに寝ただけで腰痛が強くなる人も出て来ます

 

そんな時は膝を曲げて腰が自然と反りすぎない状態を作ると少し楽になるでしょう
膝を曲げてバスタオルなどで膝を支えたり、膝枕というマッサージで使う専用の物を使っても楽になるでしょう

 

これも背骨の「反り」を考えた姿勢ですので、やっぱり腰痛を楽にするには背骨の固さが重要なポイントになってきます
大きいバスタオルがない時でも膝とマットレスの隙間にタオルを詰めて隙間を無くすだけでも楽になる事は十分に考えられます

横向き寝

腰痛で痛みが強くなっている時は、横向きが一番楽に感じられることが多いようです
左右どちらかで試すと片側により楽になる体制が感じられる時もあります

 

ただし横向き寝が癖になってくると肩や首に痛みが感じられる事が多くなるかもしれません
枕とマットレスが身体にピッタリ合っている時は肩、首に負担は少ないと思いますが、どうしても肩に負担がかかりやすくなります

 

腰痛の人に取っては腰が前後に動いたりすることなく、背骨の湾曲の固さに関係がない態勢なので一時的に腰痛を避ける寝姿勢としては良い態勢でしょう
横向きになった時に膝と膝の間に適度な厚さのクッションなどで足が重ならないようにすると腰椎(腰の部分の背骨)が捻じれることが少なくなりより楽になる可能性があります 

 

腰には間接的な影響がある上半身の背骨の部分も捻じれを少なくするには、抱き枕を使って身体の上側にある腕がだらんと下に落ちなければ背中が捻じれることが少なく、背骨全体に良い姿勢なので、腰痛にも良い態勢に近づきます

結局どの寝姿勢が腰痛に良いのか?

どの姿勢で寝てもメリット、デメリットはありますが一番の目安にしたいのは寝つきが良く、寝起きの時に腰痛が感じられない姿勢です
腰痛時に一番避けたいのはうつ伏せ寝です これだけはハッキリしてますが、あお向けと横向きは腰痛の状態によって個人差がありますので、自分で試してみて調子が良い方で寝てみましょう 

 

腰痛が無い人でも、あまり重い腰痛ではない人でも目安としては寝付くときに、何となく横向きじゃないと寝れない人、あお向けになると落ち着かない人は背骨が固くなって、無意識に身体が仰向けで寝ないように身体の防御反応が起きているかもしれません普段から身体を動かして背骨を「真っすぐで固定」ではなく、「前後にしっかり動く」ように柔らかく保ちたいですね